名古屋で腰痛,五十肩,四十肩,関節炎,肩コリ,アトピー,手足のしびれ,神経痛,筋肉痛,ヘルニア,ひざの痛み,頭痛,不妊,スポーツなど,からだの治療が可能な愛知県名古屋市千種区池下のMCM治療院です。また、うつ,自閉症などこころの治療はSSS心理相談室へ。
アトピー,しびれ,40肩,50肩,腰の痛み,筋肉痛,神経痛,関節炎,こり,椎間板ヘルニア,肩こり,ひざの痛み,頭痛,不妊,スポーツなどの、からだの治療,アスペルガーやうつなどこころの治療,いずれからもあるいは双方からの治療が可能な総合治療院です。治療コンセプトは(完全回復)愛知県名古屋市千種区池下のMCM治療院です。
MCM治療院|前のページへ戻ります

身体と心いずれからもあるいは双方からの治療が可能な総合治療院|対話徒手療法

対話徒手療法とは?

アトピー,シビレ,40肩,50肩,腰が痛い,筋肉痛,神経痛,関節炎,こり,椎間板ヘルニア,肩こり,ひざの痛み,頭痛,不妊,スポーツなどの、からだの治療が可能な総合治療院。治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|対話徒手療法とは?
皆さんもご承知のとおり、現代医療の発展には目を見張るものがあります。
しかし、ちまたには、腰痛・肩こり・膝痛など、痛みやシビレ、こり等の様々な不定愁訴が、そこら中に蔓延しています。
何故でしょうか…?

私は、保健医療機関が筋肉の病変を見逃しているためだと考えています。
当然のことですが、病院・医院等には皮膚科や神経科があります。
しかし、不思議なことにどういう訳か“筋肉科”だけはありません。
つまり、筋肉の緊張が原因で起こる症状は、未だに治療がなおざりにされ、放置されていると言えます。
対話徒手療法は筋肉を専門に治療することを目的として創始された
"旧・マイオセラピー"をその起源とし、そこに心理学・人間学を取り入れた画期的かつ最先端の治療法です。


対話徒手療法の概要

アトピー,しびれ,四十肩,五十肩,腰痛,筋肉痛,神経痛,関節炎,こり,ヘルニア,肩コリ,ひざの痛み,頭痛,不妊,スポーツなどの、からだの治療が可能な総合治療院。治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|対話徒手療法の概要
対話徒手療法は、自然であること・あたりまえであることを考え方の礎としています。
治療機序および内容は全く異なりますが、対話徒手療法の外観はマッサージに近いものです。 遺伝性疾患等を除き、ほとんどの病気が発症する直前には、局所に血液の循環障害による酸素不足が存在すると考えています。
また、循環障害の原因は様々な機械的・心理的なストレスによる筋肉の過緊張であると考えています。対話徒手療法では、指を用いて筋肉に刺激を与えることにより、筋肉のレスポンスを観察し、随時フィードバックし、刺激強度を変化させながら治療します(筋肉との対話)。そして、それを繰り返し、全身の筋緊張を緩め、ひいては血液の循環障害を改善します。

対話徒手療法の治療費はスタンダードコースで消費税込み22,000円です。ハーフのコースもありますが、積極的にはお勧めしておりません。スペシャルコースもあります(応談)。一見、高額に思われがちですが、費用対効果(コストパフォーマンス)は抜群です。交通事故にのみ保険が適用できます。


対話徒手療法の特徴

治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|治療所要時間|対話徒手療法の特徴

対話徒手療法では、人間の身体を部分に分けることはせず、全身でひとつであるという考え方をとっています。
筋肉は、筋連結といわれる構造を持っています。
これは、筋肉それぞれが部分的に連結し、全身がひとつにつながっていることを意味します。
つまり、筋肉を緩める場合、部分的な治療では効果が期待できず、
一度に全身の筋肉を緩める必要があると言えます。
対話徒手療法では、一度に全身の筋肉を緩めます。
したがって、自ずと治療時間は長くなり、1時間半〜2時間、場合によっては2時間を超えることさえありえます。


治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|治療期間|対話徒手療法の特徴

対話徒手療法の治療期間は不詳です。
よく患者さんからは「どれくらいの期間で治りますか?」という質問をお受けします。
そんな時私は「実際に治療してみなければ判りませんが、最初の大きな変化が4〜5回までに、次が半年から一年半、さらに場合によっては数年かかることもあるでしょう」と誠実に答えます。
なぜならば、本当の意味で身体が変化するまでには当然それくらいの時間を要するのがあたりまえだからです。
たとえば明日の朝、起きたら10キロ太っていた、あるいは痩せていたなどということが考えられるでしょうか?
また、人間の性格などにいたっては、訓練しても数年スパンで考えなければ変化はみられないでしょう。
対話徒手療法ではゆっくりと時間をかけ筋肉の意思と対話しながら筋緊張の調整を行ないます。


治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|治療間隔|対話徒手療法の特徴

対話徒手療法は通常、原則として一ヶ月に1回だけ治療を行います。
対話徒手療法に限らず、あらゆる手技療法の治療回数は少ないに越したことはありません。なぜならば、身体に刺激を入れるということは少なからず身体に傷をつけることになるからです。細胞の大きさはミクロのレベルです。指などの大きな物で、たとえ軽くとも刺激を入れられれば、細胞は当然傷を負ってしまいます。たとえば転倒して膝をすりむいたとしましょう。傷が治るためには血が止まり、かさぶたができ、かさぶたが取れるまで、その間約二週間が必要です。もし毎日とか三日、あるいは毎週1回すりむくことを繰り返していれば傷が治ることは永久に無いでしょう。つまり、治療は最低二週間、自然治癒を待つ間、間隔をあけねばなりません。
対話徒手療法では原則として当初の二〜三ヶ月間は二週間に1回、翌月からは月に1回、その後は筋緊張の程度を診ながら徐々に治療回数を減らして行きます。


治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|刺激強度|対話徒手療法の特徴

対話徒手療法の開始当初は、軽刺激でアプローチします。
既存の治療法の大部分は、こっている部位や痛みのある部位に大きな刺激を加えて、硬ければ潰し、緊張していれば強刺激で緩ませるという方法をとっています。対話徒手療法では筋緊張イコール防衛反応と考えます。緊張(防衛)の高い筋肉に強刺激を加えれば、(緊張)防衛はさらに強化されるでしょう。
マッサージが癖になるという言葉がありますが、この仕組みから考えれば至極当然です。硬いからといって無理やり強刺激で緩めれば、身体は緊張(防衛)をより強化します。すると次回の治療では強化された緊張(防衛)を破るため、さらに強刺激を入れないことには緩まなくなってしまいます。結果、筋肉は緊張(防衛)をどんどん強化し、さらに硬くなり、際限の無い強刺激を求めるがゆえに癖になってしまうというわけです。
また、犬や猫のような動物が強刺激を受け続けることは通常ありえません。噛み付くか、あるいは逃げ出すでしょう。つまり、強刺激の治療は人間を含めた動物にとって、はなはだ不自然であると言えます。本来、緊張(防衛)は尊重されなければなりません。
対話徒手療法では、当初はあたりまえに軽刺激でアプローチし、筋肉が許してくれる範囲で徐々に刺激を強め、治療をすすめて行きます。


治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|受付人数|対話徒手療法の特徴


対話徒手療法は一日三名を限度とし、マンツーマンで治療します。
対話徒手療法の所要時間は二時間近くに及びます。その間、常に筋肉との対話(フィードバック)をくりかえしていかなければなりません。また、マンツーマンで治療しますので、体力と集中力の消耗が激しく一日に治療できる人数は三名が限度です。ご了承をお願い致します。
 


治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|おねがい|対話徒手療法の特徴


受付人数でご説明させて頂きましたとおり、一日に治療させていただく人数は三名のみです。
キャンセル料は頂戴しておりませんが、キャンセルや変更は原則としてできないものとお考えください。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。
 
 


治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|ひょっとして…|対話徒手療法の特徴

難治の病はその原因がこころ(無意識)にある場合があります。
たとえば、見たくないものがあれば目を見えなくし、聞きたくないものがあれば耳を聞こえなくし、というように無意識の力は甚大で、本当にこのようなことが起こり得ます。
ひょっとすると、今感じている不快な症状は、こころ(無意識)に原因があるのかもしれません。
当研究所ではこころ(無意識)の御相談にも対応いたします。
 *参照 『SSS心理相談室』ページ)

専門のカウンセラー(臨床心理士)が面接にあたります。
ご希望のかたは予約時にお申し出ください。
 


アトピー,しびれ,四十肩,五十肩,腰痛,筋肉痛,神経痛,関節炎,こり,ヘルニア,肩コリ,ひざの痛み,頭痛,不妊,スポーツなどの、からだの治療が可能な総合治療院。治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|当院へのアクセス
治療院全景
治療コンセプトは(完全回復)名古屋千種区池下のMCM治療院です。|当院へのアクセス
治療室


治療は完全予約制です。治療の更なる詳細、ご相談、ご予約は
お電話またはメールにてお問い合わせください。
ご相談,ご予約,お問合せは、電話052-759-3172までお気軽にどうぞ。メールでのお問合せもお待ちしております。

(C)2010.SSS心身総合健康研究所.All rights reserved.